国内産のすっぽんの良さとは
ビタミンB2

国内産のすっぽんの良さとは

日本ではかなり昔からすっぽんが食べられてきましたが、もともとは中国から伝来してきたものです。
古代皇帝たちにすっぽんは好んで食べられていたと言われていて、そこに含まれている豊富なアミノ酸やビタミン類の効果はかなり前から知られていたようです。
東洋医学では昔から漢方として用いられていたほどで、特に滋養強壮に効果があり、男性の自信を回復させる目的でも利用されていました。
ここでは国内産のすっぽんの良さについて紹介しています。

すっぽんはかなり前から輸入されていて、今でも中国などから輸入されています。
日本でも国産の天然のものから養殖ものまで、全国的に流通しています。
食の安全性が騒がれている中では、すっぽんも国内産のものが安全であると言われていますが、その理由の1つには餌の質が挙げられます。
中国野菜などの農薬問題が問題になっていますが、輸入ものは、日本に届く前にどのような餌を与えられていたかが大きな問題となります。
とにかく安く大量に売ろうとする輸入品の場合は、餌の品質が良くないケースが多いようです。
特にすっぽんは生き血をそのまま飲むことが多く、食べたものもそのまま肉となり血となるため、明らかに餌の品質の安全性が高い国産のものが好ましいでしょう。
さらに輸入をするということは、その途中ですっぽん自体に大きなストレスがかかることになり、ストレスがかかった食材は品質では劣ることは間違いありません。
また国産の方が味も美味しいと言われているため、全ての面において国内産のすっぽんの方が上回ると言われています。
最近ではすっぽん配合のサプリメントや化粧品もいろいろなメーカーから発売されていますが、商品を選ぶ際には、国内産を使用しているかをチェックすることをおすすめします。

このように、国内産のすっぽんは輸入品に比べると餌の品質やストレスなどを考えて、総合的に上回っていることは間違いのない事実です。